ESL present perfect with FOR and SINCE 現在完了 継続 ずっと〜している

Present Perfect with FOR and SINCE

Present Perfect

現在完了形は過去のある時点で始まった状態や動作が現在まで続いていること。

have(has) + 過去分詞 past participle

SはずっとVしている

肯定文)He has lived here for three years.
否定文)He has not lived here for three years.
疑問文)Has he lived here for three years?
Yes, he has. / No he has not (hasn’t).
How long has he lived here?
For three years./ Since three years ago.


For + 期間 For + a period of time

for six years, for a week, for a month, for hours, for two hours


I have worked here for five years.
She has lived here for twenty years.
We have taught at this school for a long time.
Alice has been married for three months.
They have been at the hotel for a week.

For は過去形の文でも使用できる。
FOR can also be used with the simple past.

Since + 過去のある時点 Since + a point in time

since this morning, since last week, since yesterday
since I was a child, since Wednesday, since 2 o’clock


I have worked here since 1990.
She has lived here since 1980.
We have taught at this school since 1965.
Alice has been married since March 2nd.
They have been at the hotel since last Tuesday.

Since は現在完了形、過去完了の文でのみ使用され、普通の過去形の文では使用しない。
SINCE can only be used with perfect tenses.

過去分詞 past participleについて


不規則動詞変化表ダウンロード

ESL Passive 受動態 受け身 〜される、された、〜によって〜される

〜される、された is done, was done


This room is cleaned every day.

This room was cleaned yesterday.

Compare


Present simple 現在形


active) Somebody cleans this room every day. 能動態 〜する

passive) This room is cleaned this room every day. 受動態 〜される



Past simple 過去形


active) Somebody cleaned this room yesterday. 能動態 〜した

passive) This room was cleaned yesterday. 受動態 〜された



The passive is: 受動態の形


be 動詞 + 過去分詞 +  byー

be 動詞 は 主語や時制によって変える


be 動詞 + 過去分詞 past participle
am/is/are/was/were (not) + cleaned, done, invited, built, injured, taken…


過去分詞 past participleについて


不規則動詞変化表ダウンロード

was/were born


I was born in Japan in 1990.
Where were you born? In China.


passive + by …


The telephone was invented by Alexander Bell in 1876. (= Alexander Bell invented it)
I was bitten by mosquitoes last night.
Do you like these paintings? They were painted by a friends of mine.


注意:

日本語は主語が省略されても文が成り立ち、日本語の主語が動作主ではなく主題であることがあるため、そのまま英語にすると受動態の文が頻発する。英語で文を組み立てるとき、動作をする人は誰か(または動作するモノは何か)を考え、動作主を主語として使うように組み立てるとよい。英語では無生物が主語になってアクションを起こす文を作ることができるので、受動態の文にして、アクションを起こされる文にしないほうが自然な英語になる。

能動態の文の方がいきいきとするのに対し、受動態の文はわかりにくく、責任回避のために用いているような印象になるので、ネイティブの英文では、行為者がはっきりとわかっている場合でby~をつけて受動態の文にすることは少ない。

必ずしも能動態の文と受動態の文を書き換えても全く同じ意味にはならず、受動態で書くとアクションを起こした人や物よりも、アクションを起こされた人や結果の方が重要であるとか、アクションを起こした人がわからない、または明らかにしたくない、あいまいにして責任逃れをしたいなど、ニュアンスが変わってくる。

ESL Sentence and Sentece Fragments 文と文の要素(SVOC) 5つの文構造 文型

Sentence and Sentece Fragments 文と文の要素


Sentence is a group of words that express a complete thought. 
文とはあるまとまった考えを表す言葉の集まり。


I play soccer. 主語+述語 → 文

A sentence fragment is a group of words that does not express a complete thought. 
文の要素とはそれだけではまとまった考えを表せない言葉の集まり。

I (missing predicate) 述語がない
play soccer (missing a subject) 主語がない


Complete subjects and complete predicates 主部と述部

日本語で英語の文法を説明するときにComplete subjects(主部) は主語、complete predicates は動詞、述語動詞と説明されることがあります。品詞の動詞と混乱することがあるので注意。品詞は、簡単に言えば単語の種類のことです。

The complete subject includes all the words that tell whom or what the sentence is about. The complete predicate includes all the words that tell what the subject is, has, does, or feels. A complete sentence must have both a complete subject and 
a complete predicate.

complete subject:「主部」つまり「~は」や「~が」の部分です。
complete predicate:「述部」つまり「~である」や「~する」の部分です。英語の文には主部と述部の両方が必ずあります。



日本語 国語


主語と述語
わたしはサッカーをする。
主語 わたしは  
述語 サッカーをする  

主語 …「何が(だれが)」。日本語では省略されることがある。
述語 …「どうする・どんなだ・何だ」。日本語ではふつう文の終わりにくる。
主語・述語の関係は、文の骨格となる。

ねこが 走る。
サメは 魚だ。
ありは 小さい。
ライオンは 強い。
弟は 公園に 行く。
妹が 大声で ぼくを 呼ぶ。


Simple Subjects and Simple Predicates


The simple subject is the main word or words in the complete subject.
simple subject:「主部」の中の主要な単語です。主語



The horse galloped wildly in the field.

The simple predicate is the main word or words in the complete predicate. It is always a verb.
simple predicate: 「述部」の中の主要な単語です。必ず動詞です。


The horse galloped wildly in the field.



文の要素


英語の文は4つの文の要素から成り立っています。4つの要素は主語(S), 動詞(V), 目的語(O), 補語(C)です。


主語(S) subject


文においてその主題となるーは、ーがの部分。
主語(S)には名詞、代名詞が用いられる。


The horse ran very fast. 




述語動詞 動詞(V) verb


文においてその主語の動作、状態などを表し、ーする、ーだの部分。単に、動詞と呼ばれることがあります。


The horse ran very fast.
My new teacher is Mrs. Dolce.


英語の文には基本的には主語と述語動詞が必ず含まれている。(命令文は主語がないが、you が省略されている)



目的語(O) object


文において、述語動詞の表す動作の働きを受け、ーを、ーにの部分
主に名詞や代名詞が用いられる。


We study English.


補語(C) complement


述語動詞のあとにおかれ、主語や目的をを説明したりするために補われる語。
主に名詞、代名詞、形容詞


I am happy.

英語と日本語の違い

日本語 わたしはねこがすきです。
英語 I like cats.


日本語では「好きです」という動詞が最後にきているが、英語の語順では「わたし」という主語のあとに「好き」という動詞がきている。つまり、動詞の位置が大きな違いである。英語では主語S、動詞V。
英語の文は文の要素(SVOC)の組み合わせのパターン、文型が5つあります。動詞によって文型が決定されます。

第1文型:SV


S は V する
I run.
I run in the park.
述語動詞の後ろには修飾語(意味をくわしくしたりする語)がつくことが多い。


第2文型:SVC


S は Cである S=C
述語動詞の後ろに補語がないと意味が通じない文。
He is young.
It looks beautiful.
I feel bad.



第3文型:SVO


S は Oをする S≠O
述語動詞の後ろにーを、ーににあたる目的語がある文。
I play tennis.
He has a car.
You speak English.


第4文型:SVOO


S は  O (ひと)にO(もの) をV する
代表的な動詞は、buy、give、offer、leave、tell、send、show、teach
I gave her a presents.
She shows me some pictures.


第5文型:SVOC


S はOがC(な状態)であるように Vする
O=C
代表的な動詞は、call、keep、think、elect、name、make、find
I make her happy.
I call him Tom.